複数業者でキャッシング利用すると・・・

複数の業者で同時にキャッシングを利用したい事もあるかもしれません。基本的に複数の業者で同時にキャッシングを行うことは推奨されませんが、信用情報をチェックして返済の延滞や信用事故といったトラブルがなければ融資可能となる事もあるようです。

 

信用情報には過去の借入の情報やクレジットカードの情報などが記載されていて、これらの記録は国内では3つの信用機関によって一定機関記録され続けます。信用情報に登録される情報の中でも特に注意したいのが信用事故の情報です。自己破産などで返済が行われなかったものに関しては信用事故として記載され、金融機関内で情報を共有されています。

 

また、信用情報は過去に借入の実績がない新規顧客の場合履歴がありません。参照する情報がありませんから理論上は複数の業者に同時に申し込みを行っても分かりません。とはいえ申し込みや借入をした情報はその後残りますから、今後のクレジットカード発行やキャッシングの利用の際に審査で落ちてしまう可能性があります。十分注意して借入の申し込みをするようにしましょう。

 

複数の業者を利用する際に信用情報の他に注意するべきものがあります。「総量規制」という言葉を聞いた事があるでしょうか。貸金業規制法というもので借入の総額を年収の3分の1までとする事が定められています。複数の業者から借入する場合もその総額で計算され、それ以上の借入はできない事になっています。消費者金融からの借入の場合は総量規制に注意しなくてはなりませんが、銀行からの借入は総量規制の対象外となっています。

 

総量規制では年収の3分の1までが返済可能な額とされているわけです。借入する個人に返済能力があるかどうかが審査の基準となっているわけです。返済能力さえあれば基本的には複数の業者からでも借入をする事は可能です。しかし、複数の業者から借入をする場合には返済日についてしっかり把握しておく必要があります。各業者毎に返済日はもちろんの事、返済する金額や返済方法が異なります。返済がスムーズに行えず延滞してしまう危険性があります。更に自分の借金の総額を把握しにくいという欠点もあります。そこで複数の返済が大変な場合「おまとめローン」という選択肢が出てきます。

 

おまとめローンとはどんな商品か?

おまとめローンとは簡単に言ってしまえば複数の金融機関からしている借金を1つにまとめる事を言います。複数の業者から借入をしている状態では返済日や返済金額の把握が難しく延滞してしまう可能性があるだけでなく、返済をするために別の金融機関から借り入れをするという泥沼状態になりがちです。こうした悪循環に一度はまってしまうと返済のための借入を繰り返してしまい手数料だけが膨らんでいく状態になりかねません。更にどんどん自分の借入状況を把握できなくなってしまいます。

 

そこで一旦全ての借金を一本化してまとめてしまいます。おまとめローンを利用することで返済先が1つになりわかりやすくなる他、1月あたりの返済額を無理のない金額にする事もできます。更に手数料自体も減らす事ができます。おまとめローンで借金を一本化するということは返済日の把握をしやすくなるわけですから、延滞の可能性も減らす事ができます。複数の借入がある人にありがちなのは返済日をすぎてしまって延滞料が上乗せされるケースです。これではいくらお金を返していても借金は減りませんよね。金額だけでなく延滞する事で信用情報に傷もついてしまいますから、自分の借金で混乱し始めたら早めにおまとめローンを考えましょう。

 

まとめ

複数業者からの借入は返済の延滞などで信用情報に傷が付くだけでなく、そもそも複数の業者から借入を繰り返している状態自体が信用情報の観点からするとマイナス評価です。1社からの借入にまとめてしっかり返済を行うことで優良顧客として見られるようになります。信用情報は2年ほど保持されますから、将来を考えて早めにおまとめローンしてしまいましょう。

元金均等返済と元利均等返済って何?

お金を借りる際に気になる利息ですが、実は利息の計算方法には二種類あるってご存知でしょうか?利息とは借りたお金(元金)に対してかかる手数料のことです。

 

返済のプランによって計算の方法が変わりますし、1回あたりの返済額が変化する場合もあります。どのような計算方法があるのかしっかり把握しておきましょう。

 

無利息期間サービスがあるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

元金均等返済とは

利息の計算方法の一つに「元金均等返済」というものがあります。これは借入した金額を返済する回数で割った後に利息を後から足して計算します。例えば100万円を借りて10回で返済する場合は毎回元金の10万円に利息を足した分の返済をするのです。次回からは残っている元金90万円に対して発生した利息+10万円、更に次は80万円への利息+10万円といったように計算して返済していきます。

 

初回の返済金額が大きく、その後は残っている元金に対しての利息になるので徐々に返済額が小さくなっていきます。返済するたびに元金が必ず減っていくため比較的早く返済を終える事ができます。徐々に返済額が減っていく事はメリットと言えますが、一方で返済開始直後の支払い額が大きくなるため収入が多いなど余裕がある場合にしか採用しにくい方式です。キャッシング利用者は生活に余裕がない人も多くなかなか採用しにくい方式であるとも言えます。

 

元利均等返済とは

もうひとつの利息計算方法に「元利均等返済」というものがあります。こちらの方式は借入する金額に関わらず1回あたりの返済額を先に決めてしまう方式になります。例えば毎月5万円を何日に返済するというように決めてから利息計算をします。毎月の支払い額が一定のため元金均等返済と比較すると返済開始直後の負担が小さいのが特徴です。収入に合わせて返済プランを立てやすく生活に影響があまりでないため、採用しやすい方式になります。また返済金額が一定なので管理もしやすいと言えます。

 

一方で借入の金額が大きい場合、返済額の大部分を利息が占めてしまう可能性もあります。例えば5万円返済したつもりが内訳では3万円が利息だったなんて事もあるわけです。場合によっては元金がなかなか減らず借金の返済に長い期間を要する場合もあり、元金+利息の合計金額が元金均等返済より多くなります。一定金額を返して行けば良いので採用しがちではありますが、元金均等返済で返済していける余裕があるのであればそちらの方が良いのは間違いありません。

 

まとめ

利息の計算方法には二種類ありそれぞれの特徴を比べて自分の生活や収入に合った方法を選びましょう。どちらの方法でも大丈夫なら元金均等返済を選んだほうが最終的な返済金額は小さく済みます。目先の事だけでなくしっかりと返済プランを考えることが重要です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日
更新履歴